CF-C1 に Windows10 をインストール! その2

う~ん、一筋縄ではいきませんでした...。

Panasonic CF-C1というやや古い機種へのWindows10インストールに挑戦中の私ですが、思わぬところで苦戦しました。でも何とか先へ進むことができたんですよ!

何が起こった?

Windows7で一通りアップデートを済ませると、Windows10へのアップグレードの窓口となる例のアイコンが通知領域に表示されました。(結構長い道のりでしたよ 汗)

そこから指示通りに始めると、すぐにインストールできる状態まで持って行けることがわかり、早速開始です。まず、3GB近いデータのダウンロードに相当時間がかかりましたが、何とか完了してその先へ進みます。

システムのチェックが始まってしばらくすると、あるソフトウェアを案インストールするように指示が出ます。それは、「Intel Dynamic Power Performance Management」というドライバーソフトで、これをコントロールパネルの「プログラムのアンインストール」から削除します。

いったん再起動したのち再びアップグレードに挑戦(Windows Updateで更新プログラムを確認します)すると、先ほどダウンロードしたものがそのまま残っており、すぐにチェックまでたどり着きました。ところが、そこで問題発生です。

確実に消したはずなのに先ほどと同様のメッセージが出ます。アンインストールしたはずなのに消えていないということなんですよね。一体どうこうこと?

対処方法はあるのか?

いろいろ調べたんですが、「Intel Dynamic Power Performance Management」を最新のものに更新することが一番簡単でした。更新ドライバはこちら ⇒ Panasonicのサイト

具体的に何をするのかというと...

  1. 元から入っている Intel Dynamic …をアンインストール ⇒ 再起動
  2. ダウンロードしてきた新しい Intel Dynamic …をインストール ⇒ 再起動
  3. 新しい Intel Dynamic …をアンインストール ⇒ 再起動

これで、間違いなくアンインストールできます。

Panasonic のサイトにもアンインストールできない問題を修正した旨が記されています。やっぱりインストールプログラムに問題があったんですね。うん、これで納得です。

解決した?

上記作業後に再びアップグレードに挑戦すると、今度はすんなりと作業が進みました。なお、これを執筆中の現在は、アップグレード作業の途中なので、最終的にどうなるかは次回にお話ししますね。

まとめ

古い機種でも割とすんなり行けると思っていたWindows10ですが、今回はPanasonic固有の問題というべき壁にぶち当たりました。

もともと、メーカーからすでに見放されてしまったといえる機種ですから、自己責任で試行錯誤の末にインストールするという道を突き進まざるを得ないです。

まあ、こういうのがないと張り合いがないので、むしろ面白いんですけどね(笑)。

以上、CF-C1 に Windows10 をインストール作業の途中経過でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク