Lenovo Settings がバージョンアップ

パソコン関連の記事

しきい値の設定が可能になりました

Windows10 を使っている方は増えていると思いますが、問題があって使っていない方もいらっしゃいます。特に Lenovo の場合はバッテリーの充電設定ができないためにためらっている方も多いのではないでしょうか? でもその心配はいらなくなりましたよ!

最新の Lenovo Settings を使おう!

Lenovo のパソコンは Windows10 にすると以前から使っていたアプリのいくつかが使えなくなります。代表的なところでは、電源関係の「省電力マネージャー」が使えません。これが使えないと、電池寿命に関係する部分の設定ができなくなるんです。

省電力マネージャーが使えないということは「しきい値」と呼ばれるバッテリーの充電上限を設定する機能が使えないということを意味します。だから、Lenovo のパソコンを Windows10 に移行したくないという方は少なからずいるんですね。

Windows10 では「Lenovo Settings」を使うことになっていたんですが、しきい値の設定がないために意味のないアプリといわれていました。ところが、バージョンアップすることでついにその機能が搭載されました。だから、バッテリーの充電上限が設定できるんですよ!

使い方は簡単です

一応インストールから確認しておくと、Lenovo Settings を使うためには Lenovo バッテリー・ゲージが必要です。そして、これをインストールするには Lenovo Companion を使うと便利ですよ。つまり手順としては...、

  1. Google(またはストア)で Lenovo Companion を検索
  2. サイトでインストール
  3. Lenovo Companion で更新プログラムをチェック
  4. Lenovo バッテリー・ゲージをダウンロード&インストール
  5. Lenovo バッテリー・ゲージをクリックして Lenovo Settings をクリック
  6. 「ストア」で Lenovo Settings をダウンロード&インストール
  7. Lenovo Settings で「しきい値」を設定

だいたいこんな感じになります。

すでに入っているなら更新しましょう

Lenovo Settings 更新できます。Google(またはストア) で検索してチェックしてみてください。更新のボタンが表示されるはずなので、そこから更新してください。ちなみにバージョンは「3.82.1.0」です。

なお、正しく動作していれば、勝手に更新されている可能性もあります。「気づいたら『しきい値』が設定できるようになっていた」なんてことになっているかもしれないですね(笑)。

まとめ

Lenovo Settings でバッテリーの充電上限が設定できるようになったことで、Windows10 に移行しても従来通りの設定ができるということです。これで、Windows10 への移行がよりしやするなるんじゃないでしょうかね。

ひっそりとバージョンアップしていましたが、その内容はとても充実しています。もっと大きく広報してもよさそうなんですが、なぜかまったく情報がないんですよ。使えば分かると思っているのなら、使ってない人には全く伝わらないことに気づいてほしいですね。

以上、Lenovo Settings がひっそりとバージョンアップしていたので書きました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク