日産が中国で新型ティーダを発売

日産関連の記事

日産が中国で発売するCセグメント車

日産が北京モーターショーで、新型のティーダを公開するそうです。現在日本では販売していないティーダですが、中国では2代目になりました。いったいどんな車なんでしょうか?

ベース車は欧州用のパルサーです

日産が中国で発表するティーダは、ヨーロッパで『パルサー』として販売しているモデルです。微妙にデザインが違うようですが、見た瞬間にヨーロッパのパルサーと分かるぐらい、ほぼ同じ車みたいですね。

まだエンジンやミッションなど細かいことが分からないので何も評価できないですが、中国の事情に合わせたものになるのは間違いないでしょう。ちなみにヨーロッパでは、ルノーのエンジンとミッションを搭載しています。

なので、雰囲気的にはルノーメガーヌを日産がアレンジした車と言えなくもないんですよ。

日本仕様も必要なのでは?

ここで注目したいのが、日本での発売の可能性です。というのも、日産は日本ではCセグメントに力を入れていないからです。なんといってもCセグメントのハッチバック車はラインナップされていません。あるのはセダンのシルフィだけです。

他社を見ると、ホンダもシビックが現在のところはないので、Cセグメントが弱いですが、ほかのメーカーはCセグメントの車を販売しています。確かに、日本ではミニバンと軽四しか売れない状況ですが、さすがに寂しいですね。

ホンダの話でいけば、日本でシビックの発売を考えているようなので、日産にもCセグメント車を販売してもらいたいですね。そしてその時にすぐ使えそうなのが、ヨーロッパで売っているパルサーなんです。

イギリス仕様なら何とかなる?

イギリス仕様のパルサーを日本仕様にして売ることは十分可能だと思います。右ハンドルなので、大幅な仕様変更は必要ないですね。あとは、ウィンカーとワイパーのレバーを左右入れ替えるとか、表示している単位をメートル法に変えるとかぐらいでしょうか。

以前にヨーロッパのキャッシュカイを日本ではデュアリスとして販売していました。イギリス仕様の右ハンドル車を改造して日本仕様に仕立てたようでした。そういえば、イギリス仕様のノート(5MT)を販売したこともありましたね。

なので不可能ではないし、やる気があればいくらでもできると思うんですよ。

日本市場は欧米市場のついで?

問題は、そのやる気なんですよね。現在の日産は明らかに欧米など外国に軸足を置いています。日本市場はミニバンと軽四ぐらいしか専用車がないんですよ。現在の日産は、基本的には外国向けに作った車を、日本向けに手直ししたものを販売するという感じなんです。

なので、日本での販売はあまり力他入っているようには見えないんです。日本のメーカーだけど日本での販売にはあまり興味がないんでしょうかね...。

日産が元気でないと、日本の自動車市場は振るわない気がするんですが、今後日産はどのように国内で展開していくのか気になるところですね。

以上、日産が中国で新型ティーダを発売するというお話でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク